読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

マレーシア渡航23日目:寮から離れ・・・

大都会クアラルンプールからこんにちは、かとけいです。

ついこの前のことですが、アクセス数ついに1000突破しました!!読者の方も20人を超えました!ありがとうございます!まだまだこのブログも立ち上げて間もないですし、読みにくいところもあると思いますが、もっと多くの方に読んでいただけるよう尽力いたします。これからも何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

さてさて早いものでもう授業2週目に突入しました。

といってもまだ授業はほとんど進んでいないんですが。

とりあえず何とかほかのクラスメイトたちに助けれながら何とか生き延びてます。笑

 

 

実は先週、寮から寮外のアパートにお引越ししました。

理由としてはやっぱりどうしても一人の勉強する空間が欲しかったというのが強いです・・・

寮のルームメイトと仲はよかったのですが、英語をぼそぼそ独りでに話しながら勉強したりできないなあと。

寮から離れて別のアパートで暮らすメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。まず第一に寮生との交流が少なくなること。そして寮でのサバイバル経験ができなくなること。笑

どうするかかなり迷い、頭を抱えていたところ、ちょうどフィリピン人の子4人がルームメイト一人探してるよとの情報。これしかないなと。

 

『大学2年生のときにフィリピンに1カ月だけ語学留学をした経験があり、なんだかフィリピンの同じ10代の子たちと一緒に生活するのは面白そう。

それに自分だけ日本人(寮にはたくさん日本人の子がいたので笑)であと4人はフィリピンの子という何とも数奇というか、ぶっ飛んだ生活。

英語を話すしかない環境に身を置ける。なおかつ自分の英語の勉強が一人でできる空間がある。そしてなにより刺激的な経験ができる。』

 

寮に残ることへの迷いもありましたが、思い切って決断しました。

結果としてこの決断は間違ってなかったなあと思っています。

 

独りで英語を勉強する時間を作りながら、その日のうちにルームメイトたちと会話してその英語をアウトプット。

毎日みんなでかわるがわるフィリピン料理や日本料理を作ってシェア。

土日は観光地やプールやジム(アパートメントの中にある笑)に行ってリフレッシュ。

 

今のところこんな感じで毎日を生活しています。

もちろん生活環境的な意味ではこちらのほうがいろいろなものが整っているので

「サバイバル」とは言いがたいところがありますが、英語を話す、聞くということに集中できる環境というところでは非常に意味のあるものだと思っています。

 

もちろん寮でのイベントも定期的にチェックして参加しようと思います。

ルームメイトだった子にも会いたいし。

 

最近ただの近況報告でFacebookとそんな変わんないし、自己満足になってるなあと思ったりもするので、次からはもっとエッジの聞いたテーマで書きます。笑

 

P.S. そういえば留学生の友達から「僕も君のブログ読みたいんだけど」という嬉しい声をいただきました。なので今後英語、日本語同時表記でブログを書ければと考えています。(拙い英語にはご容赦を。笑)

 

 

かとけい